プロジェクションAR活用例

工場内・倉庫内のラインガイド

工場や倉庫のライン引きをデジタルで。
自動化の進む製造・物流現場での精密な作業ガイドに、
産業用に特化した小型プロジェクションモジュールが活躍。

産業現場での自動化が加速、
高頻度に工程を変更する生産現場、物流現場へ
プロジェクションARによるライン引きで支援

プロジェクターを用いたラインガイド

プロジェクター方式のメリット

プロジェクション方式によるラインガイド(ライン引き)であれば、運用中のラインの引き直しが容易に実現可能です。
従来のテープや塗装によるライン引きの場合、生産設備の変更や、生産ラインの変更の際には引き直しの作業や工事が必要となります。
プロジェクション方式であればそのような変更の際にもデジタル処理で手間なく実現できます。さらにイメージセンサーや画像処理技術を活用することで、設備や貨物の移動も高精度にガイド出来、高精度に無人化された工場や物流現場においても熟練した作業員不要で更新が実現できるといったメリットが得られます。

カシオプロジェクターのメリット

カシオのレーザーとLEDを用いた独自のハイブリッド光源方式であれば、光源寿命が約20,000時間と長寿命。また、表示素子にはDLP®︎を採用することで外部からのホコリの影響を最小限に抑えた防塵設計を実現し、工場等での作業現場の環境下においても長期間の運用での消耗品不要、光源交換サイクルを長期化することで、オペレーションコストの抑制や、メンテナンスやトラブル等によって生じるダウンタイムの抑制を実現できます。
さらに、カシオ小型プロジェクションユニットLH-200であれば、明るさによる視認性と小型・軽量設計による取付しやすさの両立が実現します。

LH-200の活用のポイント

明るいのにコンパクトで軽量約1kg

小型軽量、さらに360度設置姿勢の制約が無いため、作業台や天井、壁などに簡易に取り付けで導入障壁抑制
光源出力の調整幅が大きいエンハンスモードで、有色面となる床面にも高い視認性を実現

産業用途に即した製品仕様を搭載

ホストコンピュータとの双方向接続可能な通信機能を備えているのでセンサーなどの制御機構と連携した高精度のシステム化を実現
高い防塵構造を有したフィルターレス設計により、長期間消耗品交換不要での運用を実現
レンズストッパー標準搭載で振動等への対策OK

テスト機貸出サービスの
お申し込み・お問い合わせはこちらから