プロジェクションAR活用例

3次元計測用マシンビジョン向け照明装置

高速かつ広範囲の物体検出に。
マシンビジョン向けプロジェクションモジュールに最適なLH-200をご提案。

ロボットの視覚としての
マシンビジョン領域でのプロジェクション活用
「デパレタイズロボット」「外観検査機」「形状認識システム」などの無人化システムへ応用

プロジェクターを用いた 物体認識方法

プロジェクター方式のメリット

ラインレーザー方式やステレオカメラ方式など三次元計測を実現する手法はいくつかありますが、パターン投影法などに代表されるプロジェクションを用いた三次元計測は、高速かつ広範囲の三次元計測に優位性があります。

LH-200を用いた際のメリット

カシオのレーザーとLEDを用いた独自のハイブリッド光源方式であれば、光源寿命が約20,000時間と長寿命。また、表示素子にはDLPを採用することで外部からのホコリの影響を最小限に抑えた防塵設計を実現し、長期間の運用での消耗品不要、光源交換サイクルを長期化することで、オペレーションコストの抑制を実現できます。
さらに、組込専用プロジェクションモジュールLH-200であればシステムの小型化にも寄与。また、光源の調整機能(=エンハンスモード)、シャッタースピードと映像フレームとの同期信号インターフェース、ホストコンピュータとの通信インターフェースも備え、マシンビジョン用途に即したモジュールとなっています。

LH-200の活用のポイント

明るいのにコンパクトで軽量約1kg

システムの小型化に起因し、導入障壁を抑制
エンハンスモードでワークスペースをさらに広域に

充実したインターフェイス

ホストコンピュータとの双方向接続可能な通信機能で照射時間を最適化で長期運用対応
撮影期間を最小化する同期信号
レンズストッパー標準搭載で振動等への対策OK
採用事例
東京エレクトロン デバイス様
ビジョンシステム トリマス(TriMath)

採用機種:LH-200、ほか

厳しい設置条件をクリアしたカシオプロジェクター

トリマスが取り扱う対象物の大きさや積載形態、運用環境も多種多様であることから、パターン投映に使用するプロジェクターには『高輝度、高精細、長寿命、広い画角、自由な取付け角度』などの条件が求められます。これらをクリアしたのがカシオプロジェクターでした。

さらに、コンパクトな形状により物理的制約が緩和

物体認識に多く採用されるプロジェクターですが、悩みの種は設置に大きくスペースを取ることでした。従来型プロジェクターより大幅に小型化したLH-200により、物理的制約が緩和され、ビジョンシステムの小型化に寄与しました。

テスト機貸出サービスの
お申し込み・お問い合わせはこちらから